必見!声優になるために知っておきたい3つのこと

本をたくさん読むことの意味

声優とは、アニメやゲームのセリフをあてたりする職業のことですよね。俳優とは違い、表情や動きでは感情を伝えることはできません。実際に声優さんがアフレコを行う際、台本というものが存在します。それを見ながら、感情を込めつつアフレコを行うのですが、ただセリフを読むだけの棒読みになっては、そのキャラクターの感情が表現できませんよね。つまり、読解力とそれを瞬時に表現できる感受性が必要になるのです。また、台本に出てくる漢字が読めなくてはセリフを発することもできないですよね。ゆえに、読書は意外に大事な項目になるのです。

腹式呼吸と肺活量の重要性

発声を行っていく上で『腹式呼吸』は、欠かすことのできない呼吸法となります。コツとしては、空気は鼻から吸う・背筋を伸ばし、肩を動かさないというのがポイントですね。声優は、セリフの間に素早く息を吸って、次のセリフに備えなければなりません。また、大きな声を出さねばいけない時にも腹式呼吸を行うことは非常に重要になってきます。『肺活量』も同様に、欠かすことはできません。セリフをあてる際、とてつもなく長いセリフを求められることも珍しくないため、途中で息が持たなくなってしまってはプロとは言えませんよね。

とにかく喉はいたわるべき!

声を仕事としている以上、喉に問題が起きて声が出ずらくなってしまったりしては、それはもう仕事を行っていく上で致命傷となってしまいます。とにかく風邪をひかないようにする・喉に良くない飲食物はとにかく控える等、常日頃から喉のケアは心がけておくべきですよね。また、乾燥は喉の天敵ですので、喉を痛めないためにも、潤った状態に保つことが重要です。具体的には、身体への吸収が早いスポーツドリンク等が喉を潤すのにはオススメです。

声優の養成所はプロダクションと直結しており、プロとしてのスタートラインに立ちやすい所が魅力となっています。