リスクの低さが魅力!近年話題のファンドラップとは

ファンドラップの概要を知ろう

ファンドラップとは、顧客本人が金融商品に求めるリスクとリターンのバランスを元にして、金融のスペシャリストが複数のファンドを組み合わせることで提供される総合投資サービスを指します。顧客が自己責任で購入する株式や社債などの金融商品とは異なり、運用を任せてしまえることが最大の特長です。従来の似たような富裕層向けサービスと違い、下限が数百万円程度なので利用しやすさは段違いです。ただし、運用を任せるに際し年間約2%の手数料が求められます。この費用を受け入れられるかどうかが、契約を決断する際のポイントとなるでしょう。

ファンドラップが注目されている理由とは

ファンドラップが注目されている理由のなかでも特に大きいのが、顧客の性質にあわせた運用が可能な点でしょう。顧客のリスク許容度及び性格調査、本サービスを通じて達成したい目標額などを元に、投資のプロが適切な運用方法を提案してくれます。複数のファンドをラップしたサービスなので、リスクも程よく分散されており、運用成績は総じて安定しています。実際の運用はそのままプロに任せきりに出来るので、投資についてさほど詳しくなくとも安心です。

大きく2種類に分けられるファンドラップ

ファンドラップは、そのサービスを提供する金融業者により、証券系と銀行系の2種類に分けられます。証券系の特徴は、サービスに組み込まれているファンドの投資先の多くが株式などの有価証券であることです。株式などは基本的にリスクが大きいですが、そのリスクをカバー出来るだけの専門家を多く揃えられていることがその理由です。銀行系の特徴は、バランス良く投資先が分散されていることです。株式市場の高騰に十分乗りきることは出来ないかも知れませんが、どのような相場トレンドであっても収益が安定していることが魅力といえるでしょう。

相場の世界で、短期的に投資する場合、ファンドの影響が脅威であり、投資とファンドはワンセットのような物なのです。