高校を中退しても可能性は無限大!その一部をご紹介

高卒認定を受け、就職や大学進学に生かす

不登校などで高校に進学しなかった人や、高校に進学したものの、何らかの理由で中退してしまった人達が、高校卒業と同等の資格を取得するためにあるのが、高卒認定です。高卒認定は高校を卒業していない16歳以上の人であれば誰でも受けることができ、無事試験に合格すれば、大学の受験資格も得ることができるので、大学に進学し無事卒業すれば、最終学歴は大卒になります。また、高卒認定は学歴にはなりませんが、立派な資格ですので就職に有利に働くこともあります。

手に職をつけ、自信もつける

学歴が中卒になってしまうと、やはり自信も持てなくなってしまうかもしれません。ですがもし、手に職があったらどうですか?それだけでちょっと自信を持てるようになりますよね。もちろん就職にも有利になります。例えば宅地建物取引士や準看護師、ベビーシッター、調理師など、中卒でも取得できる資格は色々あります。自分にできそうなもの、あるいは自分がやりたい仕事に生かせるような資格があれば、資格を取得し手に職をつけるのもひとつの方法です。

学歴不問の仕事を探してみる

大学進学率も上昇傾向にあり、一見学歴社会のようにも見えますが、企業によって考え方も様々なので、探してみると学歴不問の求人も意外とあるんです。なるべくたくさんの求人サイトや求人誌で、仕事を探してみるといいかもしれません。このように、高校を中退してしまっても、自分の頑張り次第で可能性は無限に広がっているのです。「未来の自分のために、今何ができるのか」このことをしっかりと考え、行動していくことが大切です。

高校中退後のサポートを受けることができる機関を利用することで、将来の進路をじっくりと考えることができます。