これでもう安心!失敗しない火災保険選び3つの要点

補償範囲の取捨選択をしましょう

火災による金銭的な損失だけを補償する目的で始まった火災保険は年々その補償範囲を広げ、現在では総合生活保険の様相を呈しています。落石や落雷などによる天災はもとより、人的な暴動や窃盗行為による被害まで補償対象としています。安価にその全ての補償を受けられることが理想ですが、実際は補償範囲に比例して保険料も高くなってしまうので取捨選択が必要です。たとえばマンションの3階以上に住んでいるなら、風雪被害や水害補償は捨てて良いですし、更に高い階層に住んでいるなら窃盗被害補償はまず不要でしょう。このように必要がないと思われる補償は切り捨てていくことで、自分だけの必要十分な火災保険を創り出せます。

毎月の保険料を確認しましょう

火災保険を利用する際は、毎月の保険料を納得出来る額にすることが大切です。新築の建物であれば建築費用をそのまま保険金額に設定すれば間違いありませんが、築年数が経過している建物においては選択が求められます。被災時に以前の建物と同じ状態にすることを諦めるのであれば、経年劣化して価値が落ちた建物価格を基準として保険料率を設定します。完全に元通りにしたいのであれば、その料率を上げる必要があるでしょう。どちらが適切なのかは、経済状況や建物への愛着度などによって異なるので熟考することが大切です。

割引制度を積極的に活用しましょう

多くの保険会社は、契約者を増やすために色々な割引サービスを実施しています。たとえば過去10年以内に建てられた新築物件を対象としたものや、火災リスクの少ないオール電化住宅を対象としたものなど様々です。契約期間が長くなるほど1年あたりの単価が安くなる割引制度は基本といえます。近年は禁煙ブームも相まって、非喫煙者だけが受けられる割引サービスという変わり種もあります。いずれにせよ、殆どの住宅において何らかの割引サービスが適用されるはずなので、積極的に活用していきましょう。

自宅の火事が隣家まで燃え広がり、補償しなければならない。よくある話です。火災保険で「類焼損害特約」をセットしておけば、こんな場合への備えも万全です。