超高齢社会の今、ますますニーズが高まる介護職員初任者研修

介護初任者研修ってどんな資格?

介護初任者研修とは、介護の基本的な知識や技術を学ぶ資格で、昔はヘルパー2級と呼ばれていた資格です。この資格がなければ介護の仕事ができないわけではないのですが、求人の条件として、最低限、この資格を求める施設が多く、また、やはり介護の知識や技術は知っていたほうが安心ですので、せめて介護の仕事をするのならこの資格は取っておくに越したことはないでしょう。これから超高齢者社会を迎えるのでこれからこの資格のニーズは増々高まっていくと思われます。

介護職初任者研修の講師ってどんな人なの。

この資格の研修講師になるには、介護福祉士などの資格を所得し、実務経験が5年以上など、色々な条件があり、やはり熟練の介護職経験者が教員になっています。また、介護福祉士の養成学校や、福祉系高等学校の教員経験者が多いです。今は介護施設で就職して、その介護施設で勉強すれば介護職員初任者研修の資格を得るという方法もあります。その場合は、その介護施設のベテランの職員が教員を務める場合もあるようです。やはり実力がわかっている職場の先輩から学ぶほうが安心ですよね。

受講講座ってどうやって選べばいいの?

スクール選びは頭を悩ませると思います。場所で選ぶなら全国展開している大手のスクールがいいと思います。あと大手は短期集中や長期など、色々なコースが用意されていて選びやすいです。値段は通信・通学併用制のスクールが安い傾向にあります。初任者研修を実施している施設に就職すれば、たとえば1年以上その施設で勤務すれば受講料を返還するというシステムをとっているところもあるようです。ハローワークが窓口になっている職業訓練を受講すれば、料金は無料です。いずれにしても、受講料は安いほうがいいですよね。

介護職員初任者研修は旧ホームヘルパー二級から受け継いだ介護資格であり、介護施設・福祉施設等での実習や座学を経た後に免許取得が可能となります。